スキップしてメイン コンテンツに移動

POETRY (USA, Chicago) に詩が掲載されました




 アメリカのシカゴが拠点の

「POETRY」という詩誌の4月号に

詩「Early in Summer, Diophantine Approximation」

を掲載いただきました!

(日本語題:初夏、ディオファントス近似)

上の表紙写真または以下のリンクより

どうぞご覧ください。


POETRY Magazine のページ


詩作品の発表は数年ぶりで、2019年の

詩誌「反射熱」以来です。

ここ数年は働きながら、朝5時前に起きて

朝活や通勤の時間に、自作の翻訳などに

取り組んでいました。

なかなか投稿がアクセプトされず

発表ができなかったのですが

今回久しぶりに媒体で発表させていただける

運びになりました。

POETRYは、2018年から投稿していた詩誌で

昨年の秋頃に、たまたま英語が母語でない人向けの

募集があり、その枠で通ったという

タイミングといいますか

非常にラッキーでした。感謝!

今後も仕事を続けつつ、ゆるゆるぼちぼちと

投稿を続けていこうと思っています。

(教育委員会のすみっこにいます)


ドイツ語の作品の翻訳にも

少しずつ取り組んでいますが

そちらも発表は何年後になるかわかりません…😅

でも「今一番やりたいこと」を一歩ずつ

続けてゆきたいですね。

コメント

このブログの人気の投稿

Bloggerについて

 2018年にウェブリブログからBloggerにお引越しをして、ちょっとしたふりかえり。 【日本語ブログ】 【英語ブログ】 英語ブログでは、アメリカ合衆国が閲覧数トップになっている。 閲覧数がすごく伸びた訳じゃないけど、ウェブリブログよりは多国籍になった。 なるほど〜、という感じです。 ただ難点としては、スマホで簡単にアップしづらいところ。 Blogger専用のアプリはなくなったようなので BlogTouchというアプリをずいぶん前に購入したけれど、細かい調整はPCの方が便利かな...という使用感だったので放置している。 BloggerPlusの方が使い勝手が良さそうではあるので 試してみようかな...と思案中です。 ※8月26日追記:やっぱりPCの方が良さそう...

近頃

ここ最近はもっぱら 英語ブログ の方を更新しています。 よろしければどうぞのぞいてみてください〜 2012年くらいから少しずつたまってきているMY格言メイン。 神谷美恵子訳の「自省録」(マルクス・アウレーリウス著)憧れです... 電子書籍などでまとめようかな、と思ってから7、8年は経った。 いつになるんやろな... 今はドイツ語・英語から日本語への翻訳詩集を準備しています。 たぶん今年のうちには報告できそうな気はしていますが 詳細は未定です。そのうち。 二冊目の詩集を出したあと、次は英語で出したいなと思い 自著の詩集の英訳も英語圏の出版社に応募していて 最終選考までいくつか残ったりはしているのですが まあ、なかなか進みません。やっぱ難しいんやな... ゆったり構えて、生きてるうちに出すか、くらいに考えとこ。

久々に詩とエッセイ

去年の12月からブログ止まってた… 英語ブログ かいたからいいか、と思っていたら それもだいぶん以前だった。 さておき、久しぶりに詩とエッセイを HPにUPしました。 詩誌「反射熱」第12号に載せていただいたもの。 よろしければ、どうぞ読んでみてくださいね。 中学校の頃のことなども少し。 懐かしい。 詩 「深呼吸して」 エッセイ 「忘れえぬ作品   ―クロード・モネの作品群」