スキップしてメイン コンテンツに移動

「鳥の意思、それは静かに」のKindle版ができました!



 第一詩集「鳥の意思、それは静かに」のKindle版をつくりました!

 「鳥の意思、それは静かに」Kindleページへ

紙の本はほぼ在庫切れになったので、読みたい方の手に入りやすいよう、ようやっとKindleにしました。年末年始がんばった〜

端末によっては、ゴシック体で表示されるので、明朝体をダウンロードすれば、デフォルトの明朝体で読むことができます。詩なので余白を広く取っていますが、Kindle上で読みやすいようにカスタマイズして読むことをおすすめします。

無料で売ることはできないので、250円としていますが、ロイヤリティは受け取らない手続きをしています。

試し読みもできますので、ぜひどうぞ🍵

こだわってかいた、あとがきは以下です。


●あとがき 電子書籍版

本電子書籍版を作るために、二〇一二年に出版した第一詩集を、何度も読み返すことになった。詩のようなものを書き始めたのが二〇一〇年で、初期の作品も収めているから、約十年前ほどの自分が書いたもの、ということになる。さすがに十年経つと、自作を読む気はずかしさは薄れ、あの頃の自分がある種いとおしくも思えてくる。当時の悩み、葛藤、決心、そういったものが不完全にしろ描かれ、意外なほど鮮やかに保存されている。当時の自分に励まされたり、変わらない思いに支えられたりもする。昔のアルバムを見ているように、感慨にふけり、今を見つめる。そして、詩をかくとは、ほんとうに不思議なことだなと思う。 

            枚方、淀川のほとりにて


●あとがき 紙書籍版(2012年)

詩とは何だろう。まだ詩とは何なのか、よくわからない。しかし、それは人間が人間として生きることと密接に関連していることを、詩を書くことを通して深く感じてきた。それはまるで本能のようでもある。書かざるを得ないようにして、書き始めたことをくっきりと覚えている。とても不思議な体験であった。詩を書くことは、自然への叫びであり、人間それ自体への希求であり、言葉への憧憬であり、理想の追求である。

 各詩篇は、世界の関連のなかに在ることができるだろうか。人間にとって光とは何か、存在とは何だろうか。人生の深淵を見出すことができるだろうか。わたしはまだ道の途中である。

 各詩篇は、ひとりの不完全な人間の思考の記録でもある。読んで頂けるだけでも幸せなことであるが、もし各詩篇を読んでくださった方が、少しでも、生きるということ、或いは人間と自然との関係について思いを巡らす時間を持って頂くことができたら、素晴らしいことである。

 わたしは詩で、何かができるのではないかと思っている。平和への手段として、人へのメッセージとして、人間が人間として生きることの語りとして。それはまだ、かたちをとり始めたばかりだけれど、地球の上に生まれた人類のなかの一構成員として、この小さな一生をとおして、何がしか貢献することができればと考えている。

 出版社港の人の上野勇治氏、わたしが詩を書くことを支援してくれた家族、詩人、友人、職場の皆様に心より感謝いたします。


コメント

このブログの人気の投稿

久々に詩とエッセイ

去年の12月からブログ止まってた… 英語ブログ かいたからいいか、と思っていたら それもだいぶん以前だった。 さておき、久しぶりに詩とエッセイを HPにUPしました。 詩誌「反射熱」第12号に載せていただいたもの。 よろしければ、どうぞ読んでみてくださいね。 中学校の頃のことなども少し。 懐かしい。 詩 「深呼吸して」 エッセイ 「忘れえぬ作品   ―クロード・モネの作品群」

「境界の向こう」のKindle版ができました!

 「境界の向こう」Kindleページへ 第二詩集「境界の向こう」の Kindle 版をつくりました! 朝 5 時に起きて出勤までに 25 分程度確保したり、地味にこつこつがんばった … 朝活の成果かな、これは。   端末によっては、ゴシック体で表示されるので、明朝体をダウンロードすれば、デフォルトの明朝体で読むことができます。詩なので余白を広く取っていますが、 Kindle 上で読みやすいようにカスタマイズし て読むことをおすすめします。 ロイヤリティは受け取らない手続きをしています 🍵 一生懸命書いた、あとがきは以下です。   ●あとがき 電子書籍版  二〇一五年に出版した本詩集では、文理の境界をテーマのひとつとして設定した。詩を書いてゆくうえで、自分の役割とは何か、書きたいものは何かと考えたとき、自然とそこにゆきついたように思う。文理の境界など初めからないのだとわかっていても、科学用語を詩に織り込む詩人は、いまだ少数派であるようだ。  科学は未来を志向する。ロマンあふれるそのいとなみは、詩情と無縁ではない。科学分野で用いられる、意味の凝縮された言葉には独特のポエジーがある。遠く離れた世界の言葉ではなく、日々を歩いてゆく路肩に、暮らしの隣にある言葉である。  境界をとり払うことができたのかどうか、私にはわからないけれど、この詩集を読んでくださったあなたが、自分にも詩が書けそう、書いてみようかな、と思ってくださったなら、とてもうれしい。                                       枚方、淀川のほとりにて   ●あとがき 紙書籍版( 2015 年)    ここ数年間にわたり、様々なことについて考え、書きつけてきた詩篇達を、この度無事一冊の詩集にまとめることができ、これも多方面のみなさまの支えあってのことと大変うれしく思い、ほっとしています。  本詩集の表題「境界の向こう」には、国境などをはじめとする様々な境界、また文理の境界を越えてゆくことを目指すという幾つかの意味あいをふくませてあります。自然科学を愛する者として、また浅学ではあるものの、理系出身者として詩を書いてゆくうえで、文理の架橋は、ライフワークともいうべきテーマのひとつです。  広大で奥深いこの現実世界に対し、文字という方法をもって、たとえ僅かでも、何かのかたちで貢献すること