スキップしてメイン コンテンツに移動

地震と音楽

報道もたくさんされていますが
2018年6月18日の月曜日の朝、
大阪北部で地震がありました。

まだつかれていて、振り返る元気が
あまりないのですが、少しは記録して
おこうと思います。

月曜日の朝は、普通に出勤だったので
最寄り駅のホームにいました。
電車が来たので、乗ろうとして
右足をかけたところで、大きな揺れが来て
慌ててホームに戻りました。
電線も大きく揺れて
ちょっと命の危険を感じるくらい怖かった。
電車の再開時間は不明で、復旧にかなり
時間がかかる見込みですとアナウンスがあったので
家に一人でいる母も心配だったし
いったん帰宅することにしました。

その後は家の片付けやら連絡やらで
ばたばたしていました。
LINEやTwitterなどのSNSが便利でした。
電話は通じなかったりしたし。
結果、お茶碗などがいくつか割れただけで
大きな被害はなく、助かりました。
電気、水道、ガスのライフラインも
無事だったので、普通の生活に戻るのも
早かったです。

職場の災害情報システムも機能していて
こういう時のための訓練やなあとしみじみ。
公共機関は(どこでもそうかな)
こういう時にこそ忙しいので、皆さま
そろそろ疲れが出る頃…
ぎりぎりで業務を回していると、何か起こると
パンクして機能しなくなってしまうので
日頃はある程度の余裕が
必要なのかもしれないですね。

この機会に、非常用の備蓄を
見直そうと思います。

最近よく聴いている、知り合い2組のCD。
やる気が出ない時や、仕事疲れたな、という時に
聴くと、彼らも頑張っているのだから
私も頑張ろうと思わせてくれる。



れいじーぴっかーず
「あーゆーれいじぃ?」

二人が京大出身だからか
背景は京大の吉田寮…
「季節の風」名曲。




青木拓人
「球状するダンス」
 
洒落ていて落ち着きます。
じんわり来る。
「流れ者」頭をリフレイン。
 
 
https://www.aokitakt.com/


 





コメント

このブログの人気の投稿

久々に詩とエッセイ

去年の12月からブログ止まってた…
英語ブログかいたからいいか、と思っていたら
それもだいぶん以前だった。

さておき、久しぶりに詩とエッセイを
HPにUPしました。
詩誌「反射熱」第12号に載せていただいたもの。

よろしければ、どうぞ読んでみてくださいね。
中学校の頃のことなども少し。
懐かしい。



詩 「深呼吸して」

エッセイ

「忘れえぬ作品
  ―クロード・モネの作品群」




2019.7 Prague

2019年7月、家族旅行でプラハ(ウィーンも)に行きました。
プラハでは動画を撮ったので、記録。
二か所とも比較的小さな街で、落ち着けました。



チェコ・プラハにあるストラホフ修道院の図書室。 小さいけれど非常に美しくて、感動しました。 どこにでも、追及している人はいるものですね。 Prague Strahovský klášter https://www.strahovskyklaster.cz/en/
BGM Dvořák: Piano Concerto In G Minor, Op. 33, B 63 - 3. Finale: Allegro Con Fuoco
チェコ・プラハのクレメンティヌムにある図書館。 Prague Klementinum
https://www.klementinum.com/en/

どこの通りだったか忘れてしまったけど 店の看板にBlack Light Theatreとある。

First place, Dreamers Haiku Contest 2018

Dreamers Haiku Contest 2018
(mainly Canada)

にて、拙俳句に賞をいただきました。
受賞作の掲載ページは以下です。
STATEMENTは、初めて
かかせていただきました。
心を込めてかきましたので
ぜひご一読ください。

作品掲載のページ
To be in the Summer
https://www.dreamerswriting.com/stories-poems/emi-miyaoka-to-be-in-the-summer-contest-winner/


結果発表のページ
Dreamers Haiku Contest 2018 The Winners
https://www.dreamerswriting.com/stories-poems/2018-haiku-contest-winners/


最近の作の中でも最初の一句は
気に入っていた作だったので HAPPY…
コメントも、何か前向きな意志が
伝わったようで、ほんまにうれしいです。
でも自分がほめてもらえている文章を
読むのはかなりはずかしい…
時間が経ったら、後からじわじわ
うれしくなるんですけれど。


The reference to Shakespeare in a Japanese poem
juxtaposes the two poetic traditions beautifully,
while encouraging us to look up and be one with the beauty around us.



Thank you for Dreamers Creative Writing,
James Brandon,
and everyone in this world !